随時更新中!

賃貸や分譲マンションのDIYに関するルール

賃貸や分譲マンションに住んでいて「DIYって勝手にやっていいの?」と思ったことはありませんか?

もししてはいけない事をして責任問題に関わると怖いですね。実際に訴訟問題になった事例はあるみたいです。

 

 分譲と賃貸の違い

「買う」か「買わない」かの違い。

まず大きな違いとしては「買う」と「買わない」の違いです。

分譲→一棟のマンションを複数の住居に分けて販売する事

賃貸→一人のオーナーがマンションを所有して部屋を貸す事

 

それぞれの管理/修理の違い

分譲 賃貸
契約 購入する 購入しない(借りるだけ)
修理 専有部分は自分で修繕する 自分でする必要なし

(自分が壊した場合などは自己負担)

資産  資産になる 資産ではない

 

分譲マンションの基本的な決まりごと

『専有部分』と『共有部分』

分譲マンションには『専有部分』と『共有部分』があります。

『専有部分』とは住居者が購入し所有している部分のことです。具体的には言えば住居部分の空間のことですね。

『共有部分』とは専有部分以外の部分で住人が共有して使える部分です。(エレベーターや階段やホールなど)

 

住人達で管理をしていく『管理組合』

【管理組合】

分譲マンションなどにおいて区分所有権を有する者(区分所有者)が共用部分を共同で管理するために設立する団体。 → 区分所有権 ・共用部分

出展 三省堂

 

分譲マンションでは共有部分の管理維持は住人が協力して行います。しかし物理的に管理できない事の方が多いので『管理会社』に委託しています。

その管理会社で決めれないことは住人が集会を開き決議していきます。ゴミ出しのルールやエントランスをもっと明るくしたいなど 一人では決めれない共有部分のことは管理組合で議論し住人で決めていきます。

 

修繕のルール

分譲マンションに住んでいると『修繕積立金』を毎月払わなければいけません。これは共有部分の修繕のための積立金であり、いざ修繕をする場合この積立金から支払われます。積立金額は住むマンションによって異なります。

専有部分の修繕は初めの工事に問題がなければ基本的には自己責任となります。専有部分のリフォームは『管理規約』によって指定されていることがあります。なので専有部分だからと言って管理規約を無視してリフォームを行うことは、規約違反に当たることがあります。

 

クロス(壁紙)って勝手に貼りかえても大丈夫?

分譲マンションの場合

専有部分のクロスの張り替えは問題ないです。

一応『管理規約』をよんで確認はしておいた方が無難ですが、ほとんどの場合大丈夫でしょう。

ただ使う材料の指定などはよくあるみたいです。例えば不燃のものを使うなど。

壁に棚を取り付けても大丈夫?

壁にネジで棚を固定したい

壁と言ってもいろんな壁があります。間仕切り壁や、構造的に必要な壁など。

間仕切り壁はマンションの構造に関わる壁ではなく、ただ部屋を仕切るための壁です。あってもなくてもどちらでもマンションの構造に影響しない壁です。

構造的に必要な壁とは、それが無いと建物的に成り立たない壁、又は耐震基準を満たすために必要な壁の事です。

基本的には構造的に必要な壁は改造DIYやリフォームできません。

なのでねじを壁につける場合は、間仕切り壁としておいた方がいいでしょう。

部屋で塗装したい場合

部屋で壁や棚などに塗装したい。

基本的には問題なさそうですね。しかし壁は専有部分のみであり、共有部分の壁はダメです。

例えば玄関やベランダは共有部分なので勝手にDIYすることはできません。

 

まとめ

マンションでDIYやリフォームするときは必ず管理規約を読みましょう。よんでもわからない場合は管理会社に問い合わせるか管理組合に相談しましょう。

分譲マンションは自分の物みんなの物があるのでそのことは忘れないでおきましょう。

規約が厳しいマンションも存在するので、あとから購入する場合や中古で購入する場合はあらかじめ管理規約を教えてもらってから購入の検討をしたほうがいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です