随時更新中!

子供にプログラミングを教えるなら「Nintendo Labo」が一番オススメ!

「プログラミング」という言葉は、馴染みのない人でもそれがソフトウェアやアプリ、web制作のためのものということは理解できます。さらに最近ではAI(人工知能)の技術発展もすごい速さで進んでいますが、AIやプログラミングを意識して生活することはあまりありません。

しかし2020年からは小学生のプログラミング教育が必須化となります。これは義務教育です。とても「やばい」とこに感じるかもしれませんが「小学生プログラミング必須化」といっても身構える必要はありません。なぜならスマホゲームと同じぐらいの感覚です。

小学生にいきなりとても複雑なプログラミングを教育するとは思いません。ゲーム作成やホームページ作成(HTMLやCSSなど)程度だと思います。

でもやっぱりプログラミングと聞くと不安に思う。という方には「Nintendo Labo」を子供にさせることをおすすめします。

この「Nintendo Labo」はプログラミングをする行為そのもので、なおかつゲーム感覚です。大人も一緒に遊べます。

まずプログラミングってなにするの?

 

プログラミングとは、コンピューターに対して指示をする事です。その指示をコンピューターにわかる言葉にしていきます。

コンピューターに対する言葉の種類をプログラミング言語と呼び、人間にも英語、中国語、日本語など様々な言語に分かれているように、コンピューターも様々な言語に分かれています。

たくさんあるコンピューター語です。(JAVA、C言語、PHP、RUBY、pythonなど)

 

 

プログラミング教育で一番大事な事は、コード(コンピューターに命令する文章)を暗記する事よりも、その仕組みがどうなっているのか?のほうが大事です。

例えば、サイトのログイン機能でいうと。

 

・IDとパスワードがあっていれば会員専用ページに←

・IDとパスワードが間違っていれば再度ログインページに←

 

こんな感じであらかじめ指示しておけば、指示通り適切なページに飛ばしてくれます。

 

「Aの時Bをしろ」

「Cの時はBをするな」

「Dの時はEをしろ」

みたいな感じであらかじめ書いて指示しておくのがプログラミングです。人間はもしそんな指示をされても素早く動くことができませんがコンピューターは瞬時に判断してコンマ数秒のうちに指示通り行動してくれます。これが人間とコンピューターとの大きな違いです。

 


そしてこのようなプログラミングの仕組みを楽しく教えるのに「NintendoLabo」がかなりおすすめなわけです。今みたいにつらつら文章にしたって子供にしてみればとてもつまらないんです。

NintendoLaboがいい理由
  • ゲームなのでプログラミングと言う意識がなく
  • ハードもソフトも作れる
  • 直感的でわかりやすいし簡単である

一見なんのこと?と思うかもしれませんが、もっと砕くとロボットを作る感じでしょう。ロボットはハード(ロボット本体)とソフト(プログラミングしたソフトウェア)が合わさって初めて動きます。どちらか一つでもなければまったく動きません。「NintendoLabo」も似たような構造です。

 


Nintendo Laboってそもそもなに?

任天堂が発売している「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」と組み合わせて使う事のできる「工作キット」。ニンテンドースイッチをより楽しむための付属アイテムのです。

具体的には、組み立てた段ボールに、ニンテンドースイッチの画面やコントローラーを合体させ、

釣り竿やピアノ、ロボット、バイク、ギター、などを本物のように楽しむことができたり、時には本物以上に楽しく遊ぶことができます。

 

Nintendo Laboはプログラミングだよ!

NintendoLaboの遊び方の一つとして「Toy-Con ガレージ」があります。

これは自分でプログラミングをして「Toy-Con」を作ることができます。「Toy-Con」とはコントローラーを段ボールに組み込ませることでいろんなものに変身させ遊べる機能のことです。

さっき段ボールの竿にコントローラーを組み込ませて、画面上で釣りができると説明しましたが、この仕組みを自分で開発できるのが「Toy-Con ガレージ」です。実際にやっていることはプログラミングです。

例えば上の動画の0:54秒であたりでも紹介していますが、

「Aボタンを押せば画面が光る」など「○○をすれば○○する」という命令をすれば実際そのように動きます。

 

そのプログラミング方法はノードとよばれる命令が入った箱同士を線でつなぐだけなので、コードを書いたりする必要は全くありません。なので子供でも簡単につくれます。

 

ハードとソフトの両方を作れる。

 

例えば。アップル本社ではiPhoneのソフトウェアを開発しますが、iPhone本体は生産していません。

iPhoneの大量生産は工場で行われています。

その工場で大量生産されたiPhone本体をハードウェア、iPhoneの中で動くプログラムをソフトウェアといいます。

 

NintendoLabo場合、そのどちらも作ることができます。段ボールもキットになって売ってますが、それと使わないで段ボールを自作して使うこともできます。

ハードウェアとソフトウェアの開発を子供ながらに出来てしまえるのが「Toy-Con ガレージ」なので、プログラミングの簡単な仕組みはこれで十分と言っていいほど自然に身につくはずです。

実際に音が鳴ったり、振動したり、直感的に遊ぶことができる所がいいですね。

プログラミングは大事!でも出来合いの組み合わせでOK。

私は元大工で、プログラミングとは無縁の現場仕事をしてました。そんな僕がいきなりプログラミングの仕組みを一から構築するのは困難です。

でも、ライブラリという誰かがプログラミングした必殺技みたいなもの(「Toy-Con ガレージでいうノード)が使えるので、それを使ってプログラミングすることで簡単に進めることができたりします。

プログラミングはオープンソース(情報が出回っている)が主流なので、簡単に人の技をパクって組み合わせて、最後には自己流の大技にしてもいいのです。

 

なので、自分に技がなくても大丈夫なんです。組み合わせの理解があればいいんです。むしろこれからの時代は出来上がったものをどう組み合わせて使うかがとても大事で、暗記はさほど重要では無いようにも思います。(試験は変わらず暗記ですが)。

 

まずは体験してみよう!

 

ゲームなのでやりすぎ注意ですが、つまらない勉強をするぐらいなら公園で遊ぶかこのニンテンドーラボで遊んでいるほうが絶対に子供のためになります。

暗記よりも体験をさせてあげましょう!体験することで仕組みが理解できたりすることもあるし、なにより動画を見せるだけでは体験としては少し物足りないです。そして大人も関心するほどのこの「NintendoLabo」を開発した任天堂はさすがです。やったことありませんがマリオメーカーもプログラミング要素が入っている気がしますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です