随時更新中!

これからはゲームもサブスク化が進む!?

生活に関するもの(特にエンターテインメント系)はサブスク化(定額制)が進んでいてとても便利になっています。

サブスク化が進む中ゲームのサブスクは結構期待したいですよね。過去の作品がし放題とかだったらうれしいし、やりたい作品も結構あります(時間が足りないかも。)。

で、サブスク化の流れでついにそのサブスクを開始するのが「任天堂」です。まぁそんあ大げさなものではなくサービスの一環で2018年9月より開始する月額制のサブスクリプションサービスのNintendo Switch Online。詳しくは以下で書いています。

ゲームのサブスク「PS NOW」がもうすでに先行

PlayStation Now(PS Now)は、クラウド技術を活用した“PlayStation”のストリーミングゲームサービスです。クラウドサーバーに格納された幅広いジャンルの“PlayStation 4”および“PlayStation 3”タイトルを、対応デバイスからストリーミング経由で遊ぶことができます。サービスは定額制で、好きなときに好きなだけゲームを楽しめます。

出展:プレステーションより引用

2017年よりゲームサブスク「PS NOW」が開始していて好評みたいです。まだまだ認知もコンテンツも足りない状態ですが、これからユーザ増とともにもっと良いサービスになるでしょうね。

コンテンツが足りないといっても300タイトルぐらいはあるし、無双系といった有名どころもあるのですごいですが、過去の名作などが組み込まれていけばもっとよくなるはず。これからに期待大!

 

Nintendo Switch Online

遅れてやってきた?というか多分温めていた任天堂のサブスプリクションサービスが2018年9月開始予定です。

このサービスはPS NOWと違ってゲームの遊び放題ではなく任天堂のオプションサービスを使うためのサブスクです。なのでゲームソフトbrっと購入が必要で、付属としてのサブスクです。

こういったオプションって昔ならあまりよく思っていなかった記憶があるのですが、今では嫌な気持ちにはならないし、むしろいいサービスを使えるならサブスク化してくれた方がありがたいです。

任天堂も今のチャンス逃すとサブスク化できないですもんね。

スーファミソフトもサブスク化間近?

まぁ当然スーファミソフトもサブスク化してくるでしょうね。ニンテンドースイッチではファミコンの遊び放題が組み込まれています。しかも公式ページによるとコンテンツはこれから追加していくとのことなんで、当然スーファミ、64、などのソフトも考えられるでしょう。というか単なる期待ですが(笑)。

でもゲーム業界って据え置きタイプは今厳しいので、こういったオンライン系で差別化を図ったり、スイッチみたいにハードが特殊なものでないとユーザーを引き込むのは厳しいかなと思います。

 

サブスク傾向で間違いなし。

もうサブスク化って当たり前で、ガチャ課金よりもサブスク化の方が進んで行くと思います。ガチャっていろんな課題抱えすぎてて、もういっそ無くして欲しい(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です