随時更新中!

【ネタバレあり】「高嶺の花」第3話のあらすじについて!

https://youtu.be/v_JkaBJHgx0

 

第二話のあらすじ

STEP.1
スナックでの話
ももやぷーさんたちはスナックで,、ぷーさんの両親のなれそめのはなしや失恋の話をしていた。ぷーさんは失恋の傷をいやす方法は「失恋の痛みを忘れるのではなく、別の物で傷みをかぶせる」と言うことだった。ぷーさんが例えて「失恋の痛みでぽっかり空いた穴のまわりをチョコレートで包み込む。」というと、ももは「じゃ毎日元カレのはなしを(出会いからのろけ話まで)聞いてくれる?」とぷーさんに聞くと「どんな話でも聞く」というとももは激怒し帰っていった。
STEP.2
宇都宮とももの初対面
宇都宮龍一は雑誌の企画、令嬢特集の推薦にももを選んでいた。宇都宮とももは連絡先を交換するといったり、一緒に写真を撮ったりしたのを妹のななが見て嫉妬していた。「
STEP.3
元カレがももにあるものを渡しにくる
ももが自宅へ帰宅すると琢磨(元カレ)が待ち伏せていた。琢磨がきた理由はあるものを渡すためだった。その中身は琢磨の今の妻である真由美が月島家で師範代をしていたと言う証拠の彰状だった。
STEP.4
ぷーさんはももに謝りにいく
元カレの話をなんでも聞くといったことを謝りに来た。そのお詫びとして一緒に花を見に行こうとチケットを渡した。
STEP.5
ももの結婚を壊した犯人がわかる。
琢磨の妻が月島の師範代ということからももは「市松(ももの父)が結婚を壊した犯人」と予測する。そして直々に市松に尋ねに行くとあっさりそれを認めた。
なぜ市松はももの結婚を邪魔したのか?
ももは結婚することで華道をやめるつもりだった。その理由は「以前は見えていたもう一人の自分(もも)が見えなくなったからだと市松は見抜いていた。しかしももは家元を継ぐ唯一の才能の持ち主であるがゆえに、ももが華道を辞めることに反対して、月島流の師範代である真由美と琢磨を結び付ける計画を実行したのであった。

みんなの口コミ

第三話の予告など。

https://youtu.be/b6Q3vRN86Tg

来週はさらに展開がありそうですね!このドラマの見どころってやっぱり風間とももの掛け合いですよね。なんかももがぼけて、風間(ぷーさん)が冷静につっこむみたいな感じ見てて面白い!

ゆきろう

かんばれ風間~的な感じで見ます!

【まとめ】無料動画など

無料動画はちらほら上がっているらしいですが、あんまり画質は良くないです。きれいな動画で見るならとりあえずHulu安くて綺麗です。無料期間もあるのできれいな画質でみたい人はぜひ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です