随時更新中!

【ネタバレ】「13の理由」シーズン1 第9話のあらすじと感想。

Netflix(ネットフリックス)オリジナルドラマ「13の理由」をわかりやすく簡単なあらすじをまとめてます。

はじめに
この記事では全ての内容を文字起こししている訳ではありません。あくまでNetflixで13の理由をみた人への解説記事となっています。まだみていない方はNetflixで先にご覧ください!

簡単なあらすじ

物語はハンナが自殺した後からストーリーは始まる。

クレイ(主人公)が学校から帰ってくると玄関の前に小包が置かれていて、中を開けるとカセットテープ7本地図が入っていた。そのテープには亡くなったハンナベイカーの音声が吹き込まれていた。その内容は「私が自殺した13の理由」だった。

テープを聞くときのルール

  1. ちゃんと最後まで聞く
  2. 聞き終わったら次の人に回す

ルールはたったこの二つだけ。

全て聞き終わったらテープを巻き戻して(ハンナが指定する)次の人に渡さないといけない。箱の中にはテープの他に地図がありテープに登場する場所に実際に行ってみてほしいと言うハンナの願いもあった。ただしこれは強制ではなくその場所に行って気持ちをわかってほしいハンナの願いなので無理に行く必要はない。

テープには複製がありはハンナ信頼できるある人物に預けていて、もしテープが全員に回らなければその信頼した人物が公に公表するようになっている。

ハンナの要求はそれだけであり、基本的にはテープをしっかり聞いてほしいと言う願いが込められている。

 

現在(ハンナ自殺後)

STEP.1
ジェシカが荒んでいる。
 
STEP.2
クレイはテープを聴いてある事件を知る
 
STEP.3
クレイ、罠にかかり停学処分
 
STEP.4
母親にハンナの事を少し告白
 
STEP.5
トニーに助けてもらいながらもテープを聴くことを決意
 

 ジェシカは学校でお酒をの飲んでいる。

ジェシカは荒れていた。学校でお酒を飲み、どこか荒んでいるようにも見える。クレイはジェシカに「テープの事を聴いた、どうにか助けたい」と言うがジェシカは「あれはハンナの嘘だからほっといて」と言った。

テープのことって?
クレイはテープを聴き進めていく内にジェシカとジャスティンに関するある事件の事を知る。その話はのちに詳しく出てきます。

 クレイ、何かしでかしそうな雰囲気。

ジェシカが受けた事件を知り、クレイはとても興奮していた。みんなクレイを止めようとしているが、まったく聞く耳を持たないで暴走し始めている。しかし皆はジェシカの関するテープの内容はすべて嘘だと言っていが、ジェシカは本当にハンナの嘘だったのか>と疑い初めていた。

 荷物検査でクレイのカバンから….。

突然、クラスで荷物検査が実施され、クレイのカバンを調べると中からマリファナが出てきた。クレイは知らないと言うが学校はクレイは5日間の停学処分を言い渡した。しかしこれまでのクレイの成績を含めて警察の更生プログラムを受ければ3日間停学というものに変わった。

実はこれは口封じのためにルーカスが仕組んだ罠であり、ブライスから買い取ったマリファナをクレイのカバンに仕込んだものだった。

 

更生プログラムを受けるため警察署に向かうクレイと母親だったが、クレイは母親にある質問をする。

「暴行された被害者も告発しない、目撃者ももう居ない場合、そんな時加害者を訴える事はできるか?」という質問だった。母親の返答は「起訴するのはかなり難しい」と言う結果だったが「起訴できないにしてもかくしておくべきではない」と続けて母親が言うとクレイは何かを思い突然走り出した。

そしてジャスティンの家に行くと「あの事件は起訴できない」と伝えると、ジャスティンは「あの事件はハンナの嘘だ」と言う。

 クレイは進み始める。

クレイはジェシカがレイプされた事を怒り、トニーにその感情をぶつける。トニーはクレイを優しくなだめいつでも助けてやるからテープを聴くように説得し、クレイはトニーの隣で10のテープを聞き始める。

過去(テープの話)

STEP.1
学校は夏休み。ハンナはイメチェン
 
STEP.2
ジェシカのパーティーに誘われる
 
STEP.3
行かないと決めていたが行ってしまう。
STEP.4
ジェシカがブライスにレイプされる。それをハンナは目撃。
 
STEP.5
タイトル5
ハンナはとても落ち込む。

リバティー高校は夏休み。

ハンナの悲惨な高校二年は終わり夏休みへと突入する(アメリカでは日本と違い9月から新学期が始まる)。ハンナは夏休みの間、バイトに明け暮れている。そんなある日ハンナは過去の自分と別れて新しく始めるために髪の毛をバッサリ切りイメチェンする。

クレイは同じバイトの日にイメチェンしたハンナを初めて見て驚く。そしてクレイはその日の夜に行われるジェシカのパーティーに誘うも、今年から真面目にしたいからとハンナに断られる

パーティーでの事件。

しかし来ないと言っていたハンナがパーティーへやってきた。この時ハンナはジャスティンとジェシカが付き合っている事を初めて知る。

パーティーも盛り上がりクレイとハンナはいつになく楽しんでいた。

 

 悪夢のような事件 その1。

このパーティーでの出来事
テープにはこのパーティーで3つの事件が起きたとハンナは語る。その出来事がのちの自殺と大きく関係してきます。この9話では一つの事件しか語られません。

ハンナはある出来事があって(のちに語られます。)ジェシカの部屋にいた。そこにジャスティンとジェシカがやってきて、思わず隠れたハンナは二人を見ていると、二人は雰囲気になりはじめた。しかしジェシカが酔いつぶれてジャスティンは仕方なく部屋を後にする。

 

が、すぐさま別の男がやってきてジェシカをなんと強姦してしまう。それを見ていたハンナはそれを止めることができずにとても悲しんだ。

その男はブライスだった。

 

BGM

終盤にかかる曲。

Eagulls – My Life in Rewind

まとめ

物語も終盤になってとても重要な真実が見え始めてきています。現実世界でもクレイは暴走しています。

これからの物語は目が離せない展開になるので、しっかしとまとめて行きたいです!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です