随時更新中!

【ネタバレ】「13の理由」シーズン1 第4話のあらすじと感想。

Netflix(ネットフリックス)オリジナルドラマ「13の理由」をわかりやすく簡単なあらすじをまとめてます。

はじめに
この記事では全ての内容を文字起こししている訳ではありません。あくまでNetflixで13の理由をみた人への解説記事となっています。まだみていない方はNetflixで先にご覧ください!

簡単なあらすじ

物語はハンナが自殺した後からストーリーは始まる。

クレイ(主人公)が学校から帰ってくると玄関の前に小包が置かれていて、中を開けるとカセットテープ7本地図が入っていた。そのテープには亡くなったハンナベイカーの音声が吹き込まれていた。その内容は「私が自殺した13の理由」だった。

テープを聞くときのルール

  1. ちゃんと最後まで聞く
  2. 聞き終わったら次の人に回す

ルールはたったこの二つだけ。

全て聞き終わったらテープを巻き戻して(ハンナが指定する)次の人に渡さないといけない。箱の中にはテープの他に地図がありテープに登場する場所に実際に行ってみてほしいと言うハンナの願いもあった。ただしこれは強制ではなくその場所に行って気持ちをわかってほしいハンナの願いなので無理に行く必要はない。

テープには複製がありはハンナ信頼できるある人物に預けていて、もしテープが全員に回らなければその信頼した人物が公に公表するようになっている。

ハンナの要求はそれだけであり、基本的にはテープをしっかり聞いてほしいと言う願いが込められている。

現在(ハンナ自殺後)

STEP.1
テープに従いクレイはタイラーの家に行く
タイラーの部屋の窓は石を投げられていた。
STEP.2
クレイ、タイラーに写真削除を依頼
クレイはキスの写真を消すようにタイラーにお願いする。写真を拡散した理由はハンナのことが好きだったから。

STEP.3
クレイはハンナ母と話合うが逃亡
ハンナ母はクレイに何か情報がないか聞くと、クレイは焦って逃亡する。
STEP.4
クレイがタイラーに復習
ハンナの仇を討つように、クレイはタイラーの裸の写真を盗撮してSNSで拡散します。

 クレイはタイラーの家に

テープと地図を頼りにクレイはタイラーダウンの自宅へ行く。クレイはタイラーの自宅で身を潜めていると、クラスメイトのマーカスと出会う。マーカスもテープの登場人物であると告白する。しかしマーカスは適当にテープを聞いて途中で次の人に渡したとクレイに告げる。

マーカスはタイラーの家の窓に石を投げていた。


 クレイはタイラーに写真を削除するように言う

クレイはタイラーが写真を現像をしている暗室に行くと「写真を全て削除しろ」と言うと、タイラーはそれを拒否する。クレイは続けてプライバシーの侵害で犯罪だと迫ると、タイラーはハンナのことが好きだったと告白する。

それにクレイとハンナの映った良い写真まで捨ててもいいのか?とクレイに聞く。


 クレイとハンナの母

クレイはハンナの家の前を通るとハロウィンを楽しむ者がハンナの家にいたずらしてたところをハンナ母にクレイがやったと勘違いされ。、そこからハンナの知り合いと明かすと家で話すことになる。クレイはハンナとの関係をバイト仲間でしかないと嘘をつく。


クレイはタイラーに復習をする。

テープを聞いていくうちにクレイはタイラーに対して憎しみが沸いてくる。

テープの最後には怒りが頂点に達してタイラーの家に行き、隠れてタイラーの裸の写真を取り学校のみんなに拡散する。(タイラーがハンナにしたことをやり返す)。


過去(テープの話)

STEP.1
ハンナはストーカーされている
ハンナは誰かにストーカーされていた。
STEP.2
コートニーに相談する
ハンナはストーカーにことをコートニーに相談する。犯人を捕まえるためにハンナの家で罠を仕掛けることにする。
STEP.3
ハンナとコートニーは盛り上がってキスをする。
お酒を飲んでいた二入はゲームをしながら盛り上がっていき最後はキスをすることになった。
STEP.4
キスの場面を写真に取られる
ハンナとコートニーのキスの場面をストーカーしていたタイラーに盗撮される。
STEP.5
キスの写真を学校で拡散される
ハンナはタイラーから写真を取り戻したが、タイラーはハンナにデートの誘い断られたことで怒り写真を拡散する。
  

 

カセット2のB面。このテープの主人公はタイラーダウン。

ハンナはストーカーされている!?

ある日からハンナはずっとストーカーされていて犯人がわからなかった。自宅に帰っても見張られている気がしてとても怖がっていた。


ストーカー犯をコートニーと撃退

ハンナは隣の席のコートニーにストーカーされてると相談するとコートニーが「罠にかけて撃退しよう」と言ってコートニーはハンナの家に泊まることになる。二人はお酒を飲み、次第に盛り上がっていくと、コートニーがハンナにキスを求めハンナもそれに答える。

キスをしていたとき庭の物陰に気がついたハンナはライトを当てるとそこにはタイラーがいた。この瞬間ハンナをストーカーしていた犯人が判明した。コートニーはキスの瞬間をタイラーに写真を取られたことが嫌になってハンナの家を飛び出して急に帰って言った。


最悪のタイミングでまたもや写真が拡散

ハンナが写真を取り戻しに行くと素直に返してくれたが「今度デートに行こう」と誘うと「行くわけない」とハンナが言う。ハンナは安心していたがキスの写真が拡散されていた。(タイラーが怒って拡散させた)。

コートニーはハンナをせめて絶交することになる。


BGM

クレイが自転車に乗っているときにかかる曲。

Dale Earnhardt Jr Jr-Skeletons

【まとめ】

ハンナの死後、学校側はいじめに対して真剣に議論しているが、学校のトイレにいじめを想像させる落書きなどもあり、ハンナの両親は不信感を募らせる。

今回は「ストーカー」という言葉がキーワードになっています。ハンナは実際につけまわす事だけじゃなく、ツイッターやインスタ、フェイスブックで毎日みんなはストーカーしていると言う。

誰でも人のプライベートを覗く事に興味があり、それを評価したがる。


感想や口コミ

クレイってちょっと怖い。でもそんなにもハンナを好きだった?のかも。

名前

名前

タイラーの気持ちもなんとなくわかるが、デート断られたからって拡散するのはよくない。
この時代に誰でもプライベートを知りたがる。ただそれだけのことだけど、改めて自分も気をつけようと思った。

名前

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です