随時更新中!

【ネタバレ】「13の理由」シーズン1 第5話のあらすじと感想。

Netflix(ネットフリックス)オリジナルドラマ「13の理由」をわかりやすく簡単なあらすじをまとめてます。

はじめに
この記事では全ての内容を文字起こししている訳ではありません。あくまでNetflixで13の理由をみた人への解説記事となっています。まだみていない方はNetflixで先にご覧ください!

簡単なあらすじ

物語はハンナが自殺した後からストーリーは始まる。

クレイ(主人公)が学校から帰ってくると玄関の前に小包が置かれていて、中を開けるとカセットテープ7本地図が入っていた。そのテープには亡くなったハンナベイカーの音声が吹き込まれていた。その内容は「私が自殺した13の理由」だった。

テープを聞くときのルール

  1. ちゃんと最後まで聞く
  2. 聞き終わったら次の人に回す

ルールはたったこの二つだけ。

全て聞き終わったらテープを巻き戻して(ハンナが指定する)次の人に渡さないといけない。箱の中にはテープの他に地図がありテープに登場する場所に実際に行ってみてほしいと言うハンナの願いもあった。ただしこれは強制ではなくその場所に行って気持ちをわかってほしいハンナの願いなので無理に行く必要はない。

テープには複製がありはハンナ信頼できるある人物に預けていて、もしテープが全員に回らなければその信頼した人物が公に公表するようになっている。

ハンナの要求はそれだけであり、基本的にはテープをしっかり聞いてほしいと言う願いが込められている。

 

現在(ハンナ自殺後)

 

STEP.1
クレイ、悪夢を見て覚める
クレイが悪夢を見て目を覚まします。ハンナと楽しく踊っている夢だったが、最後には死んでしまう悪夢です。精神的にかなりのダメージ?があるように見えます。
STEP.2
タイラーがいじめられている。
タイラー(写真少年)はクレイの復習のせいでみんなにいじられています。ポーター先生に呼び出されるも相談できずに去っていきます。
STEP.3
コートニーやザック達が作戦会議
クレイの暴走を恐れる者が作戦会議をしまう。クレイがテープを公表しないか心配で、クレイを脅そう、ということになる。 
STEP.4
コートニーをハンナの墓へ連れていく
クレイがコートニーに話があると呼び出して、コートニーの車でハンナの墓に一緒に向かいます。二人は口論になりコートニーはクレイを置いて帰ってしまいます。そのあとトニーが自転車を持ってクレイの所にやってきます。
STEP.5
クレイはついに脅される。
クレイがお墓からの帰りにジャスティンやアレックスたちがいるの車に無理矢理載せられます。そして余計な事をするなと脅されます。

 タイラーはクレイの復習のせいでいじめられている。

タイラーは裸の写真をクレイに拡散されたせいでイジメられている。カウセラーのポーター先生はタイラーを呼び出して話を聞くことにする。

タイラーは「この学校を悲惨な場所にしている人を、ハンナを自殺に追い込んだ人を、責めるべき」と言う。「ポーター先生はハンナの自殺の事を気にしていないのか?」と問いタイラーは部屋をあとにした。


 作戦会議

コートニー・ザック・マーカス・ジェシカはクレイがテープの事を話すのを恐れて作戦会議をしていた。その場所にタイラーもやってきて会議に参加しようしたが皆に拒否される。

なぜテープがバレるのが怖い?
後のテープで出てきますがそれぞれが何か知らの秘密を抱えています。すべてハンナの自殺の原因と関係していて、それが学校の評価などに関わるのが怖いということもあります。そのほかに何かわけ合って話せない事情もあるようです。みんなはクレイが暴走してテープを公表するのじゃないかと恐れて作戦会議をしています。

 クレイの復讐劇・第二弾

クレイはコートニーに話があるから車を出してほしい言ってハンナのお墓に連れていく。コートニーやほかの学校の友達がハンナの死をお祭りごとにしている事やハンナの自殺した原因はみんなにあることにクレイは怒る

しかしコートニーの親もゲイであり、ずっとコンプレックスになっていたと語る。ダンスパーティーの日に嘘の噂を流した理由はそのコンプレックスが怖くてつい言ってしまったコートニーには謝るが、クレイは「それは自分に言っても意味がない」というとコートニーは怒って車で一人帰って行った。


 クレイがついに脅される!?

お墓に取り残されたクレイは、ベンチに座っているとクレイの自転車を持ってトニーがやってきた(一人で置いて行かれるだろうと思い心配して付いてきていた)。

クレイは自転車で帰っていると、アレックス、ジャスティン、ジェフが急に車でやってきて、無理やりクレイを車に乗せ、猛スピードで車を走らせて「もう二度とテープの事で暴走するな」クレイを脅すとクレイはびっくりしてそれを承諾した。


 クレイの母親がクレイの敵になる?

学校はクレイの母親が務める弁護士事務所に弁護を依頼して、クレイの母親が担当することになる。学校(クレイ母)vsハンナの両親という構図になるが、クレイはハンナをよく知らないからとしらを切る。


過去(テープの話)

STEP.1
ダンスパーティーが開催されることに
ダンスパーティーが開催され予定があるもクレイもハンナもあまり乗り気ではなかった。1
STEP.2
ダンスパーティー当日
ダンスパーティー当日、ハンナはコートニー達と一緒に会場へ向かう。
STEP.3
クレイがハンナを踊りに誘う。
初めは見ているだけだったがジェフにそそのかされてハンナを踊りに誘います。ハンナもこれを受け入れ一緒に踊ります。
STEP.4
ハンナの悪い噂をコートニーが言いふらす
コートニーがモンゴメリーにハンナと自分に関するうわさを偽って話ます。これを受けてハンナはコートニーに怒り悲しみます。
STEP.5
酔ったジェシカをハンナが送る
酔っていたジェシカをハンナが面倒みて、家まで送り届けます。ジェシカ、ハンナにビンタの事を謝る。

学校でダンスパーティーが開催される。

学校ではダンスパーティーの時期になっていた。

コートニーとハンナはキスの写真後、気まずくなっていたが、ハンナがコートニーに話しかけると、話はダンスパーティーの話題になり、ハンナに車を出せないか?と頼む。ハンナは両親に良い車に乗りたいと懇願するが、お金がないと断られ、落ち込む。


ダンスパーティーの日

ハンナは車でダンスパーティーに車で行こうとしたら、実は父が新車を購入していてハンナを喜ばせる。ハンナはコートニー達と盛り上がりながらダンスパーティーの会場(学校の体育館)へ行く。


クレイが勇気を出してハンナを誘う

クレイはダンスが苦手ということもあり、踊らずにただダンスを見ながら座っていると向こうの椅子に座っていたハンナと目が合い挨拶する。それでもダンスに参加しようとしないクレイをジェフが見かけて、ハンナと踊るようにそそのかす。クレイは思い切ってハンナを誘うとハンナも心良く誘いを受け入れて二人は踊りだす。

アップテンポな曲に合わせてはじけて楽しんでいると、突如曲がスローテンポな曲に変わりクレイとハンナは良い雰囲気になる。もう少しでキスをしようと言うところ?で、ジェシカが酔いつぶれているところをみたハンナはほっとけないと言って助けようとする。


コートニーがモンゴメリーに嘘の情報を言う

モンゴメリー(クライスメイト)が踊っているコートニーに近寄ると、キスの写真を馬鹿にして「今夜もハンナと楽しむのか?」と言うとコートニーはある嘘をついてしまう。その嘘とは「実はあの時(ハンナとコートニーのキスの時)はハンナが誘ってきて、おまけにジャスティンもいて三人で楽しんだ」という全くの作り話であった。


ハンナはコートニーに怒った。

その嘘を聞いたハンナはコートニーに怒って自分だけ助かればそれで良いのか?と迫ったがコートーニーもコンプレックスがあってつい嘘を着いてしまったと言う。

そして、ハンナはジェシカを車に載せると、酔っていたジェシカは以前ハンナにビンタ事を謝った。その事に関してはもうハンナは気にしていない?無事に送り届ける。


 

BGM

ダンスパーティーでかかっていたスローな曲

lord huron  -the night we met

 

 

まとめ

13の理由をすべて見ましたがこの5話がとても印象に残っています。理由はダンスパーティーのシーンがとても綺麗で感動的だったからです。ハンナもクレイもお互いのことはおそらく好きなのだろうと見ていて感じます。

ただクレイが臆病なせいか告白するのを止まっているようにも見えます。今回のこのシーンで使われた楽曲はyoutubeになかったので(違法なものはありましたが)今回はSpotifyを使って紹介しています。ぜひ聞いてください!ハンナも言っていましたが「トニーってセンス良い」

 

 


 

感想や口コミ

 

ゆきろう

ダンスパーティーのシーンはいつ見ても感動的。

名前

コートニーはひどい。けどレズを隠すには仕方なかった?
クレイの悩みっぷりが見てて心配になるレベル。悩むのはクレイが昔鬱だったせいもある?

名前

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です